製材事業

秋田杉の製材品素材を選ぶきびしい目

みつめる

これからも見つめていきます
たとえば、適材適所という言葉があるように、
それに関わる建物などにも選ばれた素材が必要だと考えます。
見た目だけではなく、
見えないところにも気を配り、労力をさく。
素材を選び有効に生かしてこそ
本来の機能が動き始めるのだと確信しています。

おもな業務内容

製材・木材販売

秋田杉の製材品価格はこちら